私の戦闘力(年収)は400万円です。

スポンサーリンク

どうも、ゆとりです!

 

いきなりですが、私の年収は400万円ほどです”(-“”-)”

もちろん、残業や賞与で変動するのですが、まあおおよそこれくらいです。

年収400万円について、簡単にまとめました。私の実体験こみですが(笑)

 

スポンサーリンク

実際みんなどれくらい貰ってるの?

 

ゆとり同世代(20代後半)の平均年収が380万円ほどらしいので、やや貰っているほうだと思います。

 

・・・そう思ってました。

 

しかし、この平均とやらは日本全国の平均であります。

 

私は、東京に住んでいるため、東京都の平均年収を見てみると、、

なんと460万円でした。。。。。(某本を見ました)

 

嘘やん。。みんなめっちゃ貰っとるやん。。。

 

仕事頑張らねば。。。

 

年収400万円の手取りについて

 

年収400万円だと、おおよそ8かけが手取りとなるので、手取り320万円となります。

月額だと、手取り26~27万円ほどになります。

もちろんこれは賞与や残業代をならして見ているので、残業が多い月や賞与がある月には差がでてきますが。。

 

 

年収400万円ができるふるさと納税の上限額

 

ふるさと納税とは、実質負担2,000円で、各自治体から様々な”お礼”が貰える仕組みです。(詳しくはググってください”(-“”-)”

 

扶養者等によって、上限額が変わるのですが、

私は独身子なしなので、おおよそ42,000円です。

詳しくは各ふるさと納税サイトで調べることができるので、ぜひ見てみてください。

 

じゃあ、42,000円で何が貰えるのか?

下記に10,000円で貰えるものの例を7つ書いております。貰えるものは各ふるさと納税サイトによって異なります。

  1. 米15kg
  2. 良い牛肉1kg
  3. 豚肉3kg
  4. ビール350ml1ケース(24本)
  5. ジェフグルメカード8枚(4,000円相当)
  6. いちご1.5kg
  7. メロン1玉

上記のうち、4つが貰えるイメージです。

ちなみに、去年、私は、米・豚肉・いちご・メロンをもらいました(*^^)v

 

これらが実質負担2,000円で貰えるとは、いい制度ですね( ̄▽ ̄)

使わない手はないです!

 

ただ、年末調整or確定申告をしないとダメなので、ご注意ください。

なお、ワンストップ特例制度を使うと楽に利用できます(*´ω`)

 

年収400万円がやるidecoについて

 

idecoとは、個人型確定拠出年金といって、個人が各々で資金を拠出し、複数用意された金融商品の中から選んで積立を行うものです。

メリットとしては、拠出金が全額所得控除になるため、月の給与から引かれる所得税等が少なくなります。

加えて、運用期間中の運用益に対して、税金がかかりません!

また、定期同額を積み立てるため、ドルコスト平均法が自動適用されるので、相場を気にしなくてよくなります。

 

唯一のデメリットとしては、基本的に60歳以降でないと引き出しができないことです。(引き出しできる条件はあるのですが、ほぼできないと思ってたほうが無難です)

 

いったいいくら積み立てできるのん?なのですが、

これも個人によって異なります。。

下記表を参照ください。

国民年金保険の加入個人の属性掛金の上限(月)掛金の上限(年)
第1号被保険者自営業など6.8万円81.6万円
第2号被保険者企業型DCがない会社の会社員2.3万円27.6万円
第2号被保険者企業型DCがある会社の会社員2.0万円24.0万円
第2号被保険者公務員など1.2万円14.4万円
第3号被保険者専業主婦など2.3万円27.6万円

 

企業型DCのない会社の会社員(私)の場合、年上限27.6万円です。

これを年収400万円の私が上限いっぱい拠出すると、どれくらい税金が安くなるかというと、

年41,700円となります。なんと掛金の15%ほどが節税となります!!!

30年掛金拠出した場合、トータル125万円ほどが節税できる!すごい(*´ω`)

 

 

年収400万円のまとめ

年収400万円は下記のとおりです。

  • 手取りで320万円ほど。ならすと1月あたり27万円弱。
  • ふるさと納税は4.2万円ほどが上限。
  • idecoはだいたい年4万円節税可能。

上手に利用できる制度は利用していきましょう!

 

 

ほな、また。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント