お金の回収は早く、お金の支払いは遅く

スポンサーリンク

どうも、ゆとりです!

資金繰りで重要な「お金の回収は早く、お金の支払いは遅く」は、上手に使えば個人の資産運用でも役に立つ知識です!

スポンサーリンク

お金の回収は早く、お金の支払いは遅くとは?

会社経営上、一番重要なことは、利益を出すことではなく、資金回転を止めないことです。

※もちろん利益を出すことも重要です!

黒字倒産という損益計算書の数値は良いのに倒産してしまう会社もあるくらいです。

会社が倒産する原因はキャッシュがなくなったからです。赤字だからではないです。

× 赤字→倒産

〇 赤字→キャッシュ不足→倒産

なイメージになります。

Cash is King

お金は大切です。

なぜ回収は早いほうがいいのか?

回収が早い=手元に資金が早く来る

ということなので、その分運用期間も長くなるため、回収は早いほうが良くなります。

例えば、月利1%の貯金があって、今100万円貰えれば来月には101万円になりますけど、

来月100万円もらっても101万円になるのは再来月になります。(今の100万円と1月後の100万円は同じ価値じゃなくなります。)

また、これを複利で続けると、差が広がっていく一方なので、なるべく早めに回収することの大切さがわかります。

かといって、早めにもらうために、割引されてしまうと意味がないので、そこはうまい具合に(笑)

給与の前払い制度とかはやらないほうがいいでしょう( ̄▽ ̄)

なぜ支払いは遅いほうがいいのか?

回収と同じ理屈です。

支払いが遅い=手元に資金が長く残る

ということなので、その分運用期間も長くなるため、支払いは遅いほうが良くなります。

※支払いしないから遅いよね とかは、なしです”(-“”-)”  ちゃんと支払ってください(笑)

普段の生活でどう活かすか

  • いかに回収を早くするか

これは普段の生活では、あまり実用的なものはありません。

友人などにお金を貸していたらなるべく早く返してもらいましょう。

  • いかに支払いを遅くするか

こっちの方が、回収に比べて簡単に実行できます。

というのも、クレジットカードがまさにこれです。

おにぎりをクレジットカードで買っても、実際に現金が引き落とされるのは来月くらいですよね?

引き落としまでに、おにぎり1個分の金額の資産運用ができるわけです。

また、2回払いにすると、さらに運用期間が長くなります。

ただし、3回以上の分割払いやリボ払いは絶対にやめましょう!

利息が高すぎます!

それと、期日には口座にお金がないとダメですよ”(-“”-)”

運用に夢中になりすぎないようにw

あと、クレジットカードの利用明細は必ず確認して使い過ぎも注意しましょう”(-“”-)”

ほな、また。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント