やっぱり高配当株投資は糞!!!ADPを新規購入した!!!

ADP
スポンサーリンク

おはこんにちばんは、ゆとり世代の投資家、ゆとりです!!!

 

余っていた資金でADP(Automatic Data Processing)を買い付けました!!!

 

155.95ドルで33株、トータルで約5,150ドル(約55万円)です!!

 

 

スポンサーリンク

ADP(Automatic Data Processing)とは?

 

オートマチック・データ・プロセシング(Automatic Data Processing, Inc.)は各規模の企業にソリューションを提供する、ヒューマン・キャピタル・マネジメント(HCM)ソリューションのプロバイダーです。【事業内容】同社はまた、ビジネスプロセスのアウトソーシングソリューションを提供している。同社のセグメントには雇用者サービスと雇用者組織(PEO)サービスが含まれる。雇用者サービスセグメントは、人事(HR)ビジネスプロセスアウトソーシングおよび技術対応HCMソリューションを提供する。これらのサービスには、給与管理サービス、給付管理、人材管理、人事管理、出勤管理、保険サービス、退職サービス、税金およびコンプライアンスサービスが含まれる。ADPのTotalSource(ADPのPEO事業)は、共同採用モデルを通じて、中小企業にHRアウトソーシングソリューションを提供している。PEOとして、ADP TotalSourceは人事管理サービスを提供しているが、クライアントは従業員の日常的な職務遂行を継続している。

 

【出典】マネックス証券様

 

人事管理サービスを提供しています。

こういったサービスモデルは、他社移管などがしにくいため、売上が安定的に推移する傾向にあります。

実際ADPも顧客が50万社をこえており、リーマンショック時にも大きな影響を受けなかった過去がありました。

 

2014年までは格付けAAA(現在はAA)であり、その安定度がわかります。

格付けAAとなった理由も、一部事業をスピンオフしたためであるため、安定度にはほぼ影響していません。

実際、スピンオフを除いた事業について、2014年→2015年で成長しています。

 

ちなみに、格付けAAAは現在、MSFT(マイクロソフト)とJNJ(ジョンソンエンドジョンソン)の2社のみです。

 

 

ADPの株情報

 

株価

 

 

 

ADPの2005年から2019年の株価グラフです。

概ね右肩上がりです。

 

2008年のリーマンショックや、2015年のチャイナショックなどで株価が急落しているところもありますが、かなり早い段階で株価が回復していることがわかります。

 

MOへの投資で含み損となり涙目になっている私としては、ありがたい過去推移です。

 

 

指標

 

PER:31.01倍

PBR:13.07倍

1株当たり年間配当:3.16ドル

配当利回り:1.94%

配当月:1,4,7,10月

増配発表月:例年11月

 

指標的には割安ではないです。業態が安定しているため、割安にはなりにくいですね。

 

配当利回りも税引前で2%を切っており、インカム目的では投資しにくい水準です。

しかし、過去の配当推移を見ると話は変わってきます。

2005年~2019年の四半期毎配当額なのですが、きれいに右肩上がりで成長しています。

なんと45年連続増配株なのです!!!!

 

2005年の1株当たり四半期配当:0.155ドル

2019年の1株当たり四半期配当:0.790ドル

 

直近15年で配当が4倍にも成長しています。

15年で4倍というのは年複利10%超で成長していかなければなりません。(年複利10%を15年で4.18倍になります)

 

盤石な事業成長とともに配当も成長していった過去があります。

 

つまり、今の配当利回りだけでは一概に低いとは言えません。

 

 

なぜ、ADPを買ったのか?

 

安定してそうな株価。

盤石な売り上げ基盤。

45年連続増配銘柄。

 

投資するしかないでしょ!!!

 

MOへの投資で悲しみに暮れている私にとって、精神安定剤となるような銘柄が欲しかったのです。。。。

たばこ株という”高配当”に釣られた投資家の末路
おはこんにちばんは、ゆとり世代の投資家、ゆとりです!!! みんな大好きたばこ株。私も大好きたばこ株。 たばこが嫌いでもたばこ株は好き。 だって高配当だもん。 配当利回り5%は当たり前。 ...

 

 

まとめ

 

ADP購入情報

 

1株155.95ドルで33株の、計5,146.35ドル。

 

税引き前配当増加額は、1株あたり配当3.16×33株=104.28ドル。

 

 

ADP購入後の各月配当予想

 

 

 

毎月100ドル以上貰えるようになっています。

3,6,9,12月以外では200ドルを超えています。

1,7月が突出しているのはWBKの配当が集中しているためです。

 

ADPは1,4,7,10月の配当なので、次の配当は早くても来年です。

 

ちなみに、年間の合計配当額は3,149ドルです。

 

ドル円を108円と想定すると、日本円でだいたい34万円くらいですね。月平均2.8万円。

大きいなあ。

 

 

RDS.B購入後のセクター別保有割合

 

 

 

 

比較的ディフェンシブなポートフォリオです。

 

ALLというのはETFで、VYM一本です。

 

ADPは私的にはMSFTと同じ扱いとしたいので、攻の情報技術セクターとしました。

 

 

これからの投資戦略

 

次は月300ドル(年間3,600ドル)の配当を目標としていきます。

残りは450ドル。

税引き前配当3%で15,000ドル。

 

2020年中には達成できます。できるよね。。。

 

 

頑張りますので、見守って下さいwww

 

 

ほな、また。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント