人は不合理に動く!!ゆとりくん、行動経済学を学ぶ8

行動経済学
スポンサーリンク

おはこんにちばんは、ゆとり世代の投資家、ゆとりでっす!!!!!

 

みなさんは、

次の日二日酔いになるのをわかっているのに、大量に飲酒してしまう。

試験間近で勉強をしないといけないのに、遊びにいってしまう。

早起きするために寝なきゃいけないのに、TVを見るために夜更かししてしまう。

みたいな経験はありませんか??

 

人は合理的でないとわかっていることでも、目の前の誘惑に負けて、非合理的な選択をしてしまいがちです。

 

今回は、行動経済学をたしなみつつ、人が非合理的に動く理由を書いていきます!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

なぜ人は非合理的なのか?1

 

二日酔いになるのがわかってて、大量に飲酒してしまう。

 

よくありますね。(体験談)

 

大学に行っているのに、講義中寝てしまったり。

人は、身近なところで非合理的な行動をしてしまいがちです。

 

これはなぜかというと、「人は、誘惑に弱い」からです。

 

あの時ああしなければ良かったと後悔してしまうことは多々あります。

後悔することがわかっていても、目の前の誘惑には勝てません。

 

誘惑に勝てない心の弱さが、非合理的な行動をしてしまう一員となっています。

 

もちろん、非合理的な行動をしてしまうのは悪いことではありません。

 

 

なぜ人は非合理的なのか?2

 

人の考え方は、人の数だけ存在します。

 

つまり、その数だけ、異なる考え方が存在しています。

 

そのため、自分にとっては合理的に動いているはずでも、

他人にとっては非合理的に動いているように見えがちです。

 

 

株式投資の世界でも、

よくわからない銘柄に、高値がついていることがあります。

 

プレミアムが上乗せされている価格で買ってしまい、後々後悔することがあります。(体験談)(´;ω;`)

 

株式投資では、他人の合理性に合わせるのでなく、自分の合理性を持ったほうがいいようです。。。

 

 

どうしたらよいのか

 

他人に合理的に動くことを期待してはいけません。

 

自分が、自分にとって合理的に行動すれば、結果が変わります。

※人に迷惑をかけない範囲で(笑)

 

もちろん、自分自身で非合理的な行動をしてしまうことはあります。

これは、自分の欲求に従ったためであり、完全になくすことは不可能です。

可能かもしれませんが、メンタルがやられますw

 

 

人には期待せず、自分ではたまに息抜きをしていく。

 

これが人生で一番気楽に生きていけるのではないでしょうか。

 

株式投資をしていると、贅沢をすることは非合理的な選択になってしまいがちです。

しかし、たまには息抜きをしないと、なんのための人生がわからなくなります。

 

私はこの前、焼き肉をいただきました。

 

短期的には非合理的な選択かもしれませんが、ココロが満たされましたw

 

 

ほな、また。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント