なぜ人は宝くじを買うのか?ゆとりくん、行動経済学を学ぶ2

行動経済学
スポンサーリンク

どうも、ゆとり世代の、ゆとりでっす!!!!!

 

みなさま、宝くじを買いますか???

 

私は絶対に買いません。

たとえ1等10億円になろうとも。

 

もちろんかなりの高確率で1等が当たるなら買いますwwwww

 

そんな宝くじですが、高額当選はほぼありえない確率になっています。

なのに、なぜ売れるのか?その仕組みをまとめました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

なぜ宝くじを買ってしまうのか?

 

 

第一に、宝くじは買った額以上の損失がでません

 

買ってしまえば、あとは当たるか外れるかだけですしね。

外れても、外れた時点では損をしません。(すでにお金を支払い済のため)

 

これにより、損失への心理的負担がかなり減っています。

 

第二に、TVやSNSなどでは当たった人の情報のみが取り上げられるためです。

 

多くの外れた人を見る機会はほとんどなく、

1等当選者などを見る機会ばかりです。

 

徐々になぜか自分も当たる気がするという心理になります。

 

極めて低い当選確率に対して、過度な期待をしてしまうんですね。

これにより、購入時の感覚がブレてしまい、購入するに至るわけです。

 

これは、行動経済学で「決定の重みづけ」という考え方になります。

 

 

決定の重みづけとは?

 

決定の重みづけのグラフは、

縦軸に「決定の重み」、横軸に「客観的な確率」をとったグラフになります。

 

決定の重みとは、自分自身が思う直感的な確率で、

客観的な確率とは、そのままの意味で、理論的な確率となります。

 

そのグラフが↓こちら

 

 

【グラフを拝借】www.dhbr.net/articles/-/2413

 

 

グラフを見ればわかるように、

客観的な確率が小さいほど、決定の重みが高くなっています。

 

これは、まさに宝くじにあてはまり、

当選確率が極めて低い(客観的な確率が小さい)宝くじを

なぜか買ってしまう(自分は当たるような気がする)。

 

 

逆に、客観的な確率が高くなっても、決定の重みはそこまで伸びません。

おそらく、逆に怪しいと疑ってしまうんですね~

 

低い確率は過大評価し、高い確率は過小評価する。

行動経済学って面白いです。

 

 

 

宝くじの期待値は?

 

なんと、「当せん金月証票の当せん金品または価格の総額は、その発売総額の5割に相当する額に加算金を加えた額を超えてはならない」とされています。

ちなみに、ここでいう加算金とは、キャリーオーバーなどです。

 

これをざっくりいうと、期待値50%を超えてはダメですよということ。

 

これはつまり150円以下(300円の50%として)の価値のものを300円で売っているということです。

 

初めから150円以下の価値しかないものに300円払いたくないですよね?

 

理論的に考えると、買わないの一択となります。

 

 

どうしても欲しい方は、300円で買える夢()を買いましょうwww

もしかしたら、1等が当たるかもしれませんよ?w

 

 

ほな、また。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント