ゆとり世代のideco運用 戦略変更

ideco
スポンサーリンク

おはこんにちばんは、ゆとり世代の投資家、ゆとりです!

 

ゆとり世代がidecoやってみたシリーズです。

 

 

今回は投資戦略の変更について

 

なぜ変更するか、どう変更するかの備忘録です。

 

 

 

スポンサーリンク

なぜidecoの投資戦略を変更するか

 

投資タイミングを減らしたいのが第一でした。

idecoは下記手数料がかかります。

 

1.加入時・移管時の手数料:個人型確定拠出年金に加入する時、企業型確定拠出年金からの移換時に発生する費用。

2.掛金拠出時の手数料:掛金拠出によって発生する費用。

3.給付時の手数料:給付を受ける時に発生する費用。

4.還付時の手数料:還付が行われるときに発生する費用。還付とは、法で定められた限度額を超えて拠出された掛金、あるいは加入資格のない月に拠出された掛金などを、加入者に返すことを指す。

 

このうち、3の給付時の手数料、4の還付時の手数料は今後しばらくは発生しません。

1の加入時・移管時の手数料も、相当なことがなければ発生しません。

 

投資戦略の見直しは2の掛金拠出時の手数料を減らすために行います。

 

 

idecoの掛金拠出時の手数料は下記に分類できます。

・国民年金基金連合会:月105円

・運営管理手数料:証券会社によって異なる(ネット証券は0円が多い)

・信託銀行:月66円

毎月拠出の場合は、上記合計171円/月がかかることになります。

 

現在、私は毎月ideco掛金拠出をしているので171円/月払っているということですね。

 

積立金額が23,000円/月で手数料が171円/月なので、投資金額に対して手数料が0.75%ほどかかっていることになります。

 

今回はこれを改めることにしようとしたわけです。

 

 

どうidecoの投資戦略を変更するか

 

私は、毎月23,000円拠出してました。

 

年収400万円がやるidecoにて、それぞれ拠出限度額を書いています。

私は、「企業型DCがない会社の会社員」なので、拠出金の上限が月23,000円(年276,000円)のため、上限いっぱいやっている形です。

 

いつ拠出するのか

 

今までは毎月23,000円を拠出していました。

 

これを3の倍数月に69,000円ずつ拠出するように変更します。

3・6・9・12月に69,000円ずつですね。

 

年間の拠出額は276,000円で変わりありません。

 

拠出タイミングを3か月おきにしたことで手数料が下記の通りになります。

 

今まで:105円/月×12月+66円/月×12月=2,052円

これから:105円/月×4月+66円/月×12月=1,212円

 

年間で手数料が840円も減ります。率にして41%減。

30年投資するとして、25,200円の減。大きいです。

 

投資金額に対する割合は年間で

今まで:0.74%

これから:0.44%

になりました。

 

 

どの金融商品に拠出するのか

 

今まで

 

私は、

  1. 三井住友・DC外国リートインデックスファンド
  2. たわらノーロード 先進国株式
  3. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
  4. 楽天・全米株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全米株式))

の4つに、投資割合は「それぞれ25%ずつ」で拠出していました。

 

 

外国株50%、全世界株式25%、海外REIT25%なのでやや株式偏重です。

 

なぜこの4つに拠出しているかというと、

  • 信託報酬が安い ←これかなり重要
  • 日本で給与所得があるので、投資は外国で行いたい

のが主な理由です。

 

特に、「信託報酬が安い」ことは、重要です。

というのも、投資はリターンがどれくらいになるか不正確ですが、信託報酬は、必ず一定額以上・該当金融商品をもっている間かかるため、信託報酬が安い商品は、高い商品に比べ、将来リターンが上回る可能性が高いです。

 

ちなみに、拠出している投資信託の信託報酬はそれぞれ

  1. 三井住友・DC外国リートインデックスファンド  0.2970%
  2. たわらノーロード 先進国株式          0.1099%
  3. 楽天・全米株式インデックス・ファンド     0.1620%
  4. 楽天・全世界株式インデックス・ファンド    0.2220%

です。

 

トータルの信託報酬は0.197725%です。

 

0.2%弱なので優秀な信託報酬だと思います”(-“”-)”

 

 

これから

 

私は、

  1. 三井住友・DC外国リートインデックスファンド
  2. たわらノーロード 先進国株式

の2つに、投資割合は「1:7割、2:3割」で拠出します。

 

 

外国株70%、海外REIT30%なのでやや株式偏重です。

 

なぜこの2つに拠出しようかというと、

  • 信託報酬が安い ←これかなり重要
  • 日本で給与所得があるので、投資対象は外国にしたい

のが主な理由です。

 

特に、「信託報酬が安い」ことは、重要です。

というのも、投資はリターンがどれくらいになるか不正確ですが、信託報酬は、必ず一定額以上・該当金融商品をもっている間かかるため、信託報酬が安い商品は、高い商品に比べ、将来リターンが上回る可能性が高いです。

 

ちなみに、拠出している投資信託の信託報酬はそれぞれ

  1. 三井住友・DC外国リートインデックスファンド  0.2970%
  2. たわらノーロード 先進国株式          0.1099%

です。

 

トータルの信託報酬は0.16603%ですね。

 

0.2%弱なので優秀な信託報酬だと思います”(-“”-)”

以前よりも0.03%安くなっています。

 

 

感想

 

ideco投資戦略の変更により毎月の手数料、投資信託のトータル信託報酬を減らしました。

 

過去リターンからわかることなのですが、

超長期投資の場合、毎月投資でも3月に1度の投資でも結果はほぼ変わりません。

 

それならば、確実なコスト削減である手数料減を選んだわけです。

 

実際のリターンはどうなるかわかりませんが、自分で考えて実行したので後は淡々と積み立てていくだけです。

 

ついでにスイッチングもやっておこう。

 

 

ほな、また。。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント