【謎】上級国民は逮捕されないのか?

つぶやき
スポンサーリンク

おはこんにちばんは、ゆとり世代の投資家、ゆとりです!!!

 

 

今ネットでは事故を起こした飯塚幸三が上級国民だから逮捕されないと話題です。

 

上級国民は事故を起こしてもおとがめなしなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

事故の経緯

 

2019年4月19日お昼ごろ、東京・池袋の都道で乗用車が暴走し、横断歩道を自転車で渡っていた31歳の母親と3歳の娘がはねられ死亡したほか、8人が重軽傷者を負った事故。

 

事故を起こした飯塚幸三氏は、事故前に足を痛めて通院していたようです。

また、飯塚幸三氏は足の関節を痛め通院しており、近所の住民によると、1年ほど前から右足を引きずり、つえを突いて歩いていたようです。

自宅マンションでも車庫入れに戸惑っている様子が目撃されていたとのことです。

 

その後の事故時の流れは次の通りです。

 

 

表示できません - Yahoo!ニュース

 

少なくとも6回は衝突が発生しています。

 

下記の自己画像をみると相当なスピードで衝突したのがわかります。

 

 

事故後の経緯

 

また、飯塚幸三氏は事故直後に息子に電話したとされています。

 

その後の下記の内容が起こったことが疑問視されています。

 

飯塚幸三氏の

自宅電話番号……変更
フェイスブック……アカウント削除
ツイッター……アカウント削除
ストリートビュー……自宅にモザイク
ウィキペディア……編集ページをロック
経済産業省の勲章贈呈ページ……削除

 

あっ・・・・これは・・・・・

 

 

他事例

 

では高齢者だから逮捕されないのでしょうか?

 

他の事例を見てみましょう。

 

より高齢の女が逮捕される。

 

 

頭にけがをしているのに送検される。

 

 

 

私の個人的見解

 

一部によると、逮捕されない理由は次の可能性があるそうです。

 

逮捕するためには、逮捕の理由(被疑者が罪を犯したと疑うに足りる相当な理由)に加えて、逮捕の必要性(逃亡するおそれや犯罪の証拠を隠滅するおそれがあること)が認められなくてはなりません。飯塚氏の場合、事故を起こした事実は明らかなので逮捕の理由はあると考えられますが、入院して体の自由がきかない状況では、逃亡や罪証隠滅をはかるのは非常に困難であると考えられます。そのため、警察が逮捕しようとしても、逮捕の必要性が認められない可能性もあります。

つまり、”入院して体の自由がきかない”状態であれば、逮捕はされません。

外傷がない「むち打ち」を訴えれば入院できるので逮捕を引き延ばすことは可能ですね。

ほとぼりが冷めたころに逮捕しても世の中にはわかりません。

 

 

むち打ちについてはこちら

むち打ちは、画像所見が不明な場合が多いため、本当に痛いわけでもないのに、賠償金目当てで痛いふりをしているだけではないのか、あるいは、被害者意識が強いだけではないのか、という疑問が、保険会社や保険会社側の医師らから疑問がだされ、ついに、日本賠償医学会が設立されました。現場の医師からは多くの疑問点・反論も出されましたが、もっともな根拠も並べられたりしたことから、裁判所もマスコミも、幻惑され、一時は現代用語辞典から「むち打ち症」という言葉が消えた年もあるくらいです。

むち打ちはレントゲンなどでも発見しにくい難病とされてきましたが、最近は医師の判断によりMRI、CT等で精密検査を行うなどして、特定されることも多く、徐々に原因も解明されようとしています。症状が治療によって治ればよいのですが、概ね半年以上の治療を継続しても症状の改善が見られない場合、後遺症ということになり、後遺障害等級の認定を受ける事となります。

 

また、

飯塚氏が取り調べに耐えうる体調でなければ取り調べ等の捜査をすることができないので無為に時間を使ってしまうことになります。そのため、取り調べ等の捜査が可能になるまではあえて逮捕はしないという判断がされているとも考えられます。

これについては、90歳の女が逮捕されていることを考えると上級国民だから逮捕されないっていう理論はあるようにも見られます。

 

 

飯塚幸三氏が逮捕されない理由とは?

 

うーん、、、

 

他事例を見ても私には逮捕されない理由がわかりません。

 

本当に上級国民だから逮捕されないのでしょうか?

 

それだとしたら後進国日本万歳ですね。

 

 

ほな、また。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント