高配当低増配率VS低配当高増配率、受取配当金が逆転するのはいつ?

つぶやき
スポンサーリンク

おはこんにちばんはゆとり世代の投資家、ゆとりです!!!

 

株式投資をしているみなさま。

高配当株式と無配当株式どちらが好みでしょうか???

 

私はもっぱら高配当株式の方が好きです。

 

しかし、最近、人のポートフォリオを見ていくうちに、V(ビザ)やMSFT(マイクロソフト)などの低配当高増配率の株もいいなと思うようになってきました。

 

実際MSFTは持っているのですが、私のポートフォリオの中での割合で言うと5%ほどなのであまり影響を及ぼさないレベルです。

BUT(‘ω’)、将来的な受取配当金を考えると、高増配率株式のポートフォリオ割合を高めたくなってきています(´・ω・)

 

 

今回は、高配当低増配率株式と低配当高増配率株式の将来的な配当率を計算してみました。

 

低配当高増配率株式は、何年後に、高配当低増配率株式の配当金を逆転できるのか?

 

あくまでシミュレーションなので現実はどうなるかわかりませんが、検討の余地ありです。

 

 

 

スポンサーリンク

調べる対象

 

今回のシミュレーションで比較する対象は、

  • 高配当低増配率
  • 中配当中増配率
  • 低配当高増配率

の3本とします。

 

それぞれ

高配当低増配率・・・配当利回り5%、増配率2%(想定としてはVZなど)

中配当中増配率・・・配当利回り3%、増配率5%(想定としてはJNJなど)

低配当高増配率・・・配当利回り1%、増配率10%(想定としてはMSFTなど)

としています。

 

 

果たしてどのような結果になるのでしょうか。

 

※あくまで株価の比較はしません。将来における配当利回りと、累積配当を計算します。

そのためリターンは配当によるもののみとしてますので、実際リターンとは確実に異なります。

 

 

単年の配当率推移

 

X年後における

高配当低増配率、中配当中増配率、低配当高増配率

それぞれの配当利回りは下記表の通りになります。

 

 高配当低増配率中配当中増配率低配当高増配率
NOW5.0003.0001.000
1年後5.1003.1501.100
2年後5.2023.3081.210
3年後5.3063.4731.331
4年後5.4123.6471.464
5年後5.5203.8291.611
6年後5.6314.0201.772
7年後5.7434.2211.949
8年後5.8584.4322.144
9年後5.9754.6542.358
10年後6.0954.8872.594
11年後6.2175.1312.853
12年後6.3415.3883.138
13年後6.4685.6573.452
14年後6.5975.9403.797
15年後6.7296.2374.177
16年後6.8646.5494.595
17年後7.0016.8765.054
18年後7.1417.2205.560
19年後7.2847.5816.116
20年後7.4307.9606.727
21年後7.5788.3587.400
22年後7.7308.7768.140
23年後7.8849.2158.954
24年後8.0429.6759.850
25年後8.20310.15910.835
26年後8.36710.66711.918
27年後8.53411.20013.110
28年後8.70511.76014.421
29年後8.87912.34815.863
30年後9.05712.96617.449
31年後9.23813.61419.194
32年後9.42314.29521.114
33年後9.61115.01023.225
34年後9.80315.76025.548
35年後9.99916.54828.102

 

上記の表をグラフ化すると次のようになります。

 

 

配当利回りが10%を超える時期は、

  • 高配当低増配率・・・35年後
  • 中配当中増配率・・・25年後
  • 低配当高増配率・・・25年後

です。

中配当中増配率と低配当高増配率は、ほぼ同じ時期に配当利回りが10%超となります。

 

35年後の配当利回りは、

  • 高配当低増配率・・・9.999%
  • 中配当中増配率・・・16.548%
  • 低配当高増配率・・・28.102%

です。

25年以後の低配当高増配率の伸びが凄まじい。。。

4年で元本分を回収できそうw

 

配当利回りが最も高くなる時期は、

  • 1~17年後:高配当低増配率
  • 18~23年後:中配当中増配率
  • 24年後~:低配当高増配率

です。

中配当中増配率の天下は5年だけです。

高配当低増配率は17年間もトップに立てます。

 

 

累積配当の推移

 

X年後における

高配当低増配率、中配当中増配率、低配当高増配率

それぞれの累積配当金は下記表の通りになります。(税金は考慮せず)

 

 高配当低増配率中配当中増配率低配当高増配率
NOW5.0003.0001.000
1年後10.1006.1502.100
2年後15.3029.4583.310
3年後20.60812.9304.641
4年後26.02016.5776.105
5年後31.54120.4067.716
6年後37.17124.4269.487
7年後42.91528.64711.436
8年後48.77333.08013.579
9年後54.74937.73415.937
10年後60.84442.62018.531
11年後67.06047.75121.384
12年後73.40253.13924.523
13年後79.87058.79627.975
14年後86.46764.73631.772
15年後93.19670.97235.950
16年後100.06077.52140.545
17年後107.06284.39745.599
18年後114.20391.61751.159
19年後121.48799.19857.275
20年後128.917107.15864.002
21年後136.495115.51671.403
22年後144.225124.29179.543
23年後152.109133.50688.497
24年後160.151143.18198.347
25年後168.355153.340109.182
26年後176.722164.007121.100
27年後185.256175.208134.210
28年後193.961186.968148.631
29年後202.840199.317164.494
30年後211.897212.282181.943
31年後221.135225.896201.138
32年後230.558240.191222.252
33年後240.169255.201245.477
34年後249.972270.961271.024
35年後259.972287.509299.127

 

上記表をグラフ化すると次のようになります。

 

 

累積配当金が最も多くなる時期は下記の通りです。

  • 1~29年後:高配当低増配率
  • 30~33年後:中配当中増配率
  • 34年後~:低配当高増配率

 

なんと、30年後までは、高配当低増配率がトップです。

意外でした。

 

 

まとめ

 

とは言ったものの、30年超たつと、

中配当中増配率・低配当高増配率が抜きんでてきます。

 

やはり複利の力は恐ろしいですね。

 

加えて、低配当高増配率はMSFT(マイクロソフト)やV(ビザ)のような株価も成長する銘柄が多いです。

 

私のような投資期間が長期になる投資家は、

上手いこと高増配率もポートフォリオに組み入れなくてはいけなくなりそうです。

 

私のポートフォリオの銘柄が永続的に配当成長できますように。

 

 

投資は自己判断・自己責任で

 

 

 

ほな、また。。







最後まで読んでいただき、ありがとうございます!
良かったら、応援していただくと嬉しいです(*´ω`)
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村 投資ブログへ


スポンサードリンク



コメント